古本を全巻買取してもらいました。

自分は基本的にリサイクルショップなどでブランド物などを売っても買った時の3分の1の価格にもならないと思っています、実際そのようにしないとリサイクルショップと言うビジネスは成り立たないと思っているんですよね、ですが最近自分の家の近くに大きな古本屋があるのですがそこであるタイトルが全巻買取なら4200円と言う言葉を見て自分はそのタイトルの本を全巻持っていて売っても二束三文しかならないと思い今まで部屋のクローゼットにしまっていたのですがかなり古いタイトルで4200円と言うのは個人的にありだと思い早速そのお店に行き全巻買取をしてもらいました、最初は本当に半信半疑だったのですが査定が終わり4200円を手に入れる事が出来ました、本の中には角が多少破れている巻もあったので「厳しいかな?」と思いましたが結果的にはかなり満足しています。

古本を買取してもらう

少し前に、家の中を大掃除しました。もうすぐで引っ越しなので、できるだけいらないものは処分しておこうと思ったのです。大掃除をしたすえに、いくつかいらないと思う本が出てきました。本は、たくさんあるとかさばるので、必要のないものだけ古本屋さんに買取をしてもらうことを決めました。私の主人も、いくつかいらない本をもっていたので、それと一緒に買取をお願いしてきました。買取の査定をしてもらっている間、私は店内をまわるようにしています。気になる本があったのであれば、立ち読みをして時間をつぶします。この時間がとても好きで、いろいろな本を読む事が出来て嬉しいです。また、気にいった本を見つけてしまうと、ついつい購入したくなってしまうので、折角部屋を整理してもまた新しい本が増えてしまい、掃除した意味が無くなってしまう事もあります。

古本買取の経験談について

私が以前住んでいたアパートの最寄駅には古本屋がありました。私はマンガや文庫本などの本が好きです。会社の帰りや休日はたまに、古本屋により何か欲しい本屋面白い本が無いかと、探します。好きな作家が書いた本はハードカバーで購入することもあります。以前住んでいたアパートから、結婚したことにより引越ししました。引越し作業をする際に、本を段ボールにまとめましたが、大量になってしまいました。正直これまで購入した本で、もう一度読むかと言われると、もう中には一生読まない本もあるため、私は思い切って、読まなそうな本は古本屋に売ることにしました。古くて保存状態があまり良くないものについては1冊10円程度にしかなりませんでしたが、発刊が比較的最近で保存状態がいいものについては、購入時の7割引きの値段で売れたりもしました。本を整理する際には、捨てるのは勿体ないため、古本屋の買取制度を利用することをお勧めします。

Blog Home