古本買取で参考書を売る時のコツ

年度末になると今まで使っていた本を捨てるなり売るなりすることが多くなります。大学に進学する高校生はそれまで利用していた参考書が不要になりますし、社会人になる大学生も使っていた教科書などの類は基本的に使わなくなるでしょう。そこで登場するのが古本買取店ですが、せっかく売るのですからなるべく高額で売れるほうが良いでしょうし気持ちも良いです。そのお金を新生活のための足しにすることもできます。ではどうしたら参考書などを高額で売ることができるでしょうか。ここではそのためのコツを紹介したいと思います。まず基本的なことですが、本はなるべく最初に買った時の状態にすることが求められます。例えば数年間使い込んだ参考書・教科書は表紙が汚れていたり、カバーがなくなっていたりします。そういった本はほとんどまともな金額では売れません。

場合によっては10円にもならないでしょう。ですから、表紙を軽く水で濡れたタオルで拭いたり、ページの折れた部分は直しておくことが重要です。それをするだけでも数十円、場合によっては100円近く値段が変わることがあります。古本買取は全ての本に厳密に値段が付けられているわけではなく、査定する人の裁量次第なのです。ですから見た目が綺麗であること、経年劣化などがないことは買取価格を決める上でとても重要なファクターとなるのです。ですから事前に本の体裁を整えておきましょう。次に重要なことは本の中身です。一番の理想は全く何も書き込まれていない状態であることですが、しかし特に参考書の場合は普通なにかしらの言葉が書かれているのが普通でしょう。また付箋などを張り付けていることも多いと考えられます。付箋に関しては全て外すのが基本ですが、書き込みはどうするべきでしょうか。これは意見がわかれるかもしれませんが、それが消しゴムで消せるものなら消し、そうではないのならそのままにしておくのが得策であると考えられます。ただし無理に消そうとしてページが破れるなどの事態になるのは避けたいところですから消しにくい箇所の書き込みはそのままにしておきましょう。

以上のように古本買取にはいくつかのコツがあります。本棚から出したものをそのまま古本買取店に持っていくのはあまり賢い行動ではありません。また次にその本を使う人に気持ちよく使って欲しいのが普通です。高額で売るためにも、次のユーザーに満足してもらうためにも綺麗な状態で本をもっていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*